大阪王将の方が、京都王将よりも美味しいものまとめ

2017年4月19日すぐに役立つ(ライフハック・実践・知識)

断っておくけれども、どちらの王将も結局店に勤めている店員さんの腕が最終的な味を決めるのは間違いない。

チェーン店なのに、味はばらつきがある。

そして、あくまで、近所の二つの店を比べた結果である。

一般化はできない、アホ企画。
「ああ、ちょっと違うよね」
というその程度の違いが明らかになる程度の企画。

以上を踏まえた上で、大阪王将をホメホメしてみたい。

大阪王将いいところ

1 肉系

なんだかよくわからないけれど、「はっきりいって中華じゃ無いんんじゃ無い?」という料理が、大阪王将には見られる。
カルビ丼なんかがまさにそれ。

でもうまいんす。
こーいうのは、京都王将には無い。

2 肉と野菜炒め

完全に調理人の腕前による。
だがしかし、筆者のご近所に限った話で言えば、火加減、味付け共に、大阪王将の勝ち。

以前に、京都王将で半ナマブロッコリーが出てきた時のことは忘れられない。
多分忙しかったのだろう。
一生忘れない。

3 食後のコーヒー

コーヒーは、大阪王将のが旨い。
単純に豆がいいのかな?

4 水餃子

つけダレが大阪王将のが好み。

5 青椒肉絲

正直何がここまで違うのかわからない。
圧倒的に大阪王将のが旨い。

京都王将のは、ちょおっと塩胡椒ききすぎ感がある。

やはり個人の好みの問題なのは否めない。

逆に、京都王将を褒める

バランスを取るために、一応京都王将の方も褒めとく

1 餃子

店によって違うけど、あるいは焼く人の腕前ってやっぱりあるんだけど、中の餡は安定ですわ。
京都王将のが旨い。僅差で。

ただし、京都の方は焼く人の腕前のばらつきが結構目立つね。でも、旨い。

2 天津飯

餡の味が色々あるので、昔から好き。
あと、舌が妙にピリピリと痺れるあの感覚が昔から好き。

この記事のまとめ

あくまで個人の感想であり、一般化できるものではありません。

餃子が食べたくなってきたです。

追記(2017-04-09)

餃子の広告貼った。大阪の方だが笑
よかったらどーぞ。


PAGE TOP